QLOOKアクセス解析
2019 年 09 月123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 年 11 月








ハンダゴテとか

http://silvermatblack.web.fc2.com/より、過去記事のアーカイブ / 2009年10月

ハンダゴテとその周りのもの

昨日に引き続き、道具の紹介
まずは脇役たち
IMG_1480.jpg
左から、ハンダ
 はんだ 200g STRAIGHT/19-2381 (STRAIGHT/ストレート)

 はんだ 200g STRAIGHT/19-2381 (STRAIGHT/ストレート)
価格:1,280円(税込、送料別)

以前は、14g入りとかの小さなものを使っていたが、ハンダって結構減るのが早い‥‥
小さなパッケージで、残り量を気にしながらチマチマ作業するより断然効率的

購入から約1年半‥‥今、重さを測ってみたら、まだ4分の1程度しか使っていない (;^ω^)
が、小さなパッケージなら4個分は消費しているだろうから
その割り高分を考えると、もうそろそろ元を取れるだろう

その隣りの青い筒はハンダ吸い取り器
ダイソー製品、210円でコストパフォーマンス抜群な頼れるヤツである
失敗したハンダをコテ先で溶かし、コイツのピストンとバネの力で吸い取る

これがあれば、このときのようなハンダ付けした部品の取り外しも効率的にこなせる
‥‥ただし、繰り返しは部品への熱のダメージが気になるが (;´Д`)

そして放熱クリップ
部品の保護と保持など、あったら便利♪

中央の容器はフラックス
ハンダ付けしようとするものの表面の酸化汚れなどを除去して、ハンダの付きを良くするもの

「ヤニ入りハンダ」と称するように、ハンダにもわずかに芯に含まれてはいるが
コテ先で「ジュ!」と煙が上がった時点でヤニは蒸発してしまい目的を全うできていない場合が多い
あらかじめ塗っておくと効率性は雲泥の差‥‥なにより、スッと広がるハンダはキモチイイ♪

右端はコテ台
本来は水に浸すセルロースのようなものが付いたタイプだが
水の補給が面倒なため、ステンレスたわしを固定して乾式クリーナーとして使っている

そして主役のハンダゴテ
IMG_1471.jpg

下は40W
家電の修理や、線材のハンダ付けに使用

中段が20W
40Wでは熱量を持て余してしまうLEDなどパーツのハンダ付けに使用

そして下段がコードレスハンダゴテ
私の場合、バイクイジリをする場所で電源の確保はムリなので、これを買ってからは作業効率が激変した

前記事に載せた「接続子」
1個あたり、わずか8円前後だが、たかが8円‥‥されど8円である (;´∀`)
そして、値段もさることながら、あと何個残ってたっけ?って思い出し、確認→買い足しするだけでも一種のストレスである

私のように試行錯誤を繰り返して、配線の変更をしょっちゅうしているような人間には特にである
ハンダ付けで結線できてしまえば何も考えずバリバリ切り貼りできる ヽ(´ー`)ノ
電池も、充電式ニッケル水素電池を利用しているのでランニングコストもほとんど気にならない

しいて難点を挙げるとするなら‥‥
IMG_1467.jpg
電池が入っているので太い‥‥(;´Д`) 持ちにくい‥‥
通電ボタンも、安全性(点けっぱなし防止)のためか微妙に押しにくい位置‥‥
と、容量が低いので2.0sqとか太めの線材のハンダ付けはキビシイかも

とまぁ、値段なりの弱点もあるわけだが、やっぱり外で使えるのは便利!
私の挙げた弱点が気になるなら、ガスカートリッジ式のをオススメする
ただし、値段は2~3倍以上になるが (;´∀`)

パッケージ裏を載せておくので、気になる人はご一読どーぞ ( ^^) _旦~~
relife87000.jpg
関連記事

◆ ブログは情報の宝庫!下のバナーから、他の人気ブログもチェックしてみてください (^_^)/
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ 人気ブログランキングへ

◆ 記事内容に共感いただけましたら、SNS上での拡散をよろしくお願いします m(_ _)m

-->

[ 3029 ]ハンダースという名の往年のバンドがありまして…

この題名は特に意味を為していません。

自分もハンダ作業はたんまにやるんですが、不器用なんで対象物に上手く乗りません。
フラックスなる塗装で言えばサフェーサーの如き便利なものが有るなんて尻間栓でした!

で、そのフラックスは保管上、長持ちします?
接着剤も塗料も中途半端に残ってカピカピで使えないケース多いので気になります。
[ 2012/05/16 19:04 ] idDNkzZk [ 編集 ]

[ 3030 ]

>リンコケさん
ハンダースといえば、アゴ勇です
あと4~5人いたようですが、全く記憶にございません(;´∀`)

例えるなら、サーフェイサーというより「シリコンオフ」のほうが役割上適当かと\(^o^)/
保存性はどうでしょう‥‥松ヤニをアルコールで溶かしたものなので、変質はしにくいでしょう
フタ(栓)をきっちり閉めておけばアルコール分の揮発もそれほどないと思いますよ
保管状態が悪いと、基材は松ヤニなので、リンコケさんの言うように「カピカピ」ではなく、「ネチネチ」になると思います(;^ω^)
[ 2012/05/16 19:56 ] MvSKUjhA [ 編集 ]

[ 3031 ]

HAKKOの20Wは私も同じの使ってますw
あとおなじHAKKOの30Wとで使い分け。

これがコードレスハンダゴテですか!
バイクいじると野外なのでこれは便利!Σ(゚Д゚;)
ぜひほしいアイテムですね。

リンコケさん>
ハンダは温度が低いところから高いところへ流れるので、取り付ける部品や基板が温まっていないと
乗りにくいです。気持ち対象を暖めてから半田線を接触させると流れやすいですよ~。
実は彫金のロウ付けも同じだったりしますw
[ 2012/05/16 21:42 ] mQop/nM. [ 編集 ]

[ 3032 ]

いろんな種類があるんだ。ハンダコテにも。コードレスは初めて見た。自分が持っていたのは、なかなか暖まらずに、押し付けてたので、周りが気が付けばハンダだらけ・・・・。
やっぱり器具にはお金をある程度かけないとね。
[ 2012/05/16 21:44 ] aW8qDj4U [ 編集 ]

[ 3033 ]

>ユキさん
ハッコーのハンダゴテは握りのツバがないのであまり好きではありません
集中してると、指先がついついコテ先の方にズレて行き‥‥熱ッ!って(;´Д`)
太洋(goot)のものはツバで指先が止まるので安心です
コードレス‥‥ホムセンなど店頭では電池式のものでもこの倍近くの価格でしたので長年躊躇していまいしたが
ネットでこの価格帯のものもあるんだと知って即買でした (^^)v ほんと重宝してます

リンコケさ~ん
ハンダのノウハウ、そういうことです(^.^)/

>ヒコさん
押し付け‥‥(;^ω^)ついついイライラして、やってしまいがちですよね
ユキさんも言ってられますが、素材もそれなりに加熱されていないとハンダは上手く流れません
かと言って、のんびりやってると半導体は逝かれちゃうし‥‥まぁ熱の影響がない、端子と線材などで練習!練習♪
お金をかけるって‥‥私もコードレスや20Wのほうを買ったのは最近のことですよ (;´∀`)
それまでは40W一本でこなしてきました
[ 2012/05/16 22:11 ] MvSKUjhA [ 編集 ]

コメントの投稿











トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silvermatblack.blog10.fc2.com/tb.php/431-24b242e9