QLOOKアクセス解析
2019 年 09 月123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 年 11 月








宇宙戦艦ヤマト2199 第一巻

DVDレビュー、ネタバレ注意!

オープニング、いきなり物語は始まる
テーマ曲はない
「ヤマト」という存在をこの時点では秘めておきたいという考えなのか???

オリジナル第一話で挿入された、伴奏のない冒頭の8小節(確信はない)部分
重みのある哀愁の漂った男性コーラスによる編曲が味があったのに‥‥

CGによる技術の進歩というか発展というか‥‥
いきなり画面の美しさに感動する

宇宙戦艦ヤマト2199 第一巻」より
NDVD_000_20120916155040.jpg

ディテールの細かさや、雨水による水アカなど凝った描写
オリジナルにも静止画など背景などに細かい描写は一部に限られてあったが
2199ではCGによって、この細かい描写の絵がヌルヌルと動く!

「全艦戦闘配置、面舵30、砲雷撃戦用ー意!」
前半部分のセリフに少し変更があるが、まぁ鳥肌も立ったことなので良しとする
「バカめ!」このセリフも健在である

「ゆきかぜ」をはじめ、艦船の挙動は‥‥
22世紀における宇宙空間移動の技術進歩なのか?
姿勢制御ブースターによるクイッキーな動きは、「戦艦」というものの重厚感を少し損ねているようにも思えるが‥‥

オリジナルでは「放射能」による地球へのガミラス人適応化であったが
2199では「毒素を放出する敵性植物」と設定が変更されている

また森雪のセリフで「かつて人類が火星をテラフォームしたように~云々」と
プレデターにおける「趣味の狩猟」のような人類の身勝手さを暗示させるような場面が印象的である


登場人物の明確な階級制、これは現実的で分かりやすい
ヤマト搭乗前の時点では、古代進と島大介は三等宙尉
そして加藤三郎は二等宙尉と、加藤のほうが階級が上である \(◎o◎)/!

ガミラス偵察機の爆発的な加速力!
実在機の戦闘機ファンでも喜びそうなCG描写である

宇宙戦艦ヤマト2199 第一巻」より
NDVD_002_20120916155040.jpg

オリジナルでは国連宇宙軍迎撃機のオーバーヒートで追撃を断念するが
2199では単なるシステムエラーって‥‥(´・ω・`)
しかも機体はオリジナルとは違って、あの「コスモゼロ」なのに‥‥

高速空母の撃墜シーンもオリジナルとは少し違う
オリジナルでは艦載機にさんざん傷めつけられながら、補助エンジンながらもヤマト発進後に撃墜しているが
2199では騒がず動じずといった感じで、主要メンバーは未搭乗のまま赤サビ姿で主砲を発射!カコ(・∀・)イイ!!

これは‥‥ショックカノン砲ではなく、旧来の徹甲弾か???
発射口の煙炎が美しい‥‥
そして高速空母への”カッ!カッ!カッ!”という着弾効果音に思わず ( ゚д゚ )スゲーーー!!!

宇宙戦艦ヤマト2199 第一巻」より
NDVD_003_20120916155039.jpg


古代はじめ、主要人物の年齢層が責任者としては若すぎると思ってたら
なるほど‥‥高速空母からの攻撃で、当初の予定責任者が殉職してしまったのか‥‥
その辺りの矛盾点/疑問点の解消のために高速空母撃墜部分が書き換えられたのかな

ところでガミラス星人のセリフが「ガミラス語」で字幕なんだが‥‥(; ・`д・´)
画像の描写をじっくり楽しみたい自分としては何回も見直したやん‥‥(´・ω・`)

超大型ミサイル、2199では「惑星間弾道弾」と名称変更されている
およそ長さ1500m、直径950mって‥‥(;・∀・)スゴイ

宇宙戦艦ヤマト2199 第一巻」より
NDVD_004_20120916155039.jpg


主砲塔内部、斉射の瞬間の図 カコ(・∀・)イイ!!

宇宙戦艦ヤマト2199 第一巻」より
NDVD_005_20120916155038.jpg



さてさて、オリジナルをリアルタイムで見、再放送もほぼ欠かさず見ていたほど
また資料本も買い漁るなど、当時はちょっと(/ω\)ハズカシーィくらいのヤマトフリークだった自分だが‥‥
記憶の曖昧な部分もあり、これはこれでとても良い作品だと思った

ただ‥‥オリジナルにストーリー上 大切な部分として挿入されていた
小舟に乗った親子(祖父か?)が、坊ノ岬沖海戦へ向かう戦艦大和を見かけるところから始まるシーン
そして最期‥‥あの部分は割愛してはダメだと思うんだが‥‥

と、オリジナルと違い最初っから登場してる土方竜
存在感があり、オリジナルとの違いは否定しない
が‥‥「オレの目は節穴ではない~云々」のセリフ‥‥佐渡先生のセリフじゃなかったか?記憶曖昧 (;^ω^)

そして、一部キャラクターに見られる「アホ毛」‥‥(;´Д`)
あれはチョットぉーーー‥‥


まぁ、なんやかんや言いながらも良い作品だ
第二巻も楽しみである
.
関連記事

◆ ブログは情報の宝庫!下のバナーから、他の人気ブログもチェックしてみてください (^_^)/
にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ 人気ブログランキングへ

◆ 記事内容に共感いただけましたら、SNS上での拡散をよろしくお願いします m(_ _)m

-->

コメントの投稿











トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://silvermatblack.blog10.fc2.com/tb.php/469-c50e3f9d